スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
山形仙台旅行二日目・こんにゃくにゃくにゃく
7月8日(土)
8時半起床、9時半チェックアウト。
今日は飼い主の大学時代のお友達と3人で行動の日。
私は前に一度だけ会ったことある、とっても素敵なお姉さん、ゆきさん(仮名)
ゆきさんの近くのセブンイレブンでサンドイッチ買って彼女のお家へ。
ちょうど今お引っ越ししてるところで、まずは引き払う直前の旧アパート→3人で飼い主車に乗りゆきさんの会社へ彼女の車取りに行く→旧アパートへ飼い主の車置きゆきさんの車で新アパートへ。
めっちゃオシャレなアパートでとっても羨ましい~~~
「家に来てくれた人は写真撮ってるの」と言って、チェキというポラロイドカメラで私達2人を撮ってくれ、壁に貼ってあるフランス語新聞の上に貼る。
センス良すぎっす、憧れるっすお姉さん・・・
このセンスの良さは何年たったら私に身につくのだろうか・・・
チェキについてはこちら
4902520255150.jpg

このカメラほしーい、DSよりほしい(by飼い主)。
今日はゆきさんの車で観光、そのまま夜にはバスで仙台へ向かうので飼い主車は山形に置かせていただくことに。
まずはCYBELEというラスクのお店へ向かうことに。
HPはこちら
ここのラスクが、甘くてサクサクしてて絶品
去年9月、韓国からの一時帰国の時に飼い主が持ってきてくれたのはここのラスクだったことを初めて知る。
8月にゆきさんからもらったラスクを、私に食べさせたくてとっておいてくれてたそう
私なら食欲に負けて食べちゃうよ・・・
ラスクは仙台でお世話になるお家の手土産として購入、お次は私がこの旅行ですんげぇ楽しみにしてた、上山のこんにゃく番所というお店へ。
公式HPはありませんでしたが、全国観光スポットガイドというページがありました、こちら
メニューがすべてこんにゃくで出来てて、それなのに食感や味が全然違って
「これホントにこんにゃく!?」
っていう驚きを味わえます。しかも何品も出てくるのに一番安いコースは千円という爆安さ!!!
私は1000円コース、飼い主とゆきさんは1500円コース。
こんにゃく全体像

品数豊富!しかもこれで全部じゃありませんっ。
こんにゃくアップ

手前のは1500円コースに追加される揚げ物。
奥のはコリコリしてて、こんにゃくとはにわかに信じがたいくらいでした。
こんにゃく粥

お米とこんにゃくを合わせたこんにゃく粥!
こんにゃくを米粒みたいに小さく切ってありました。
こんにゃくそば

こんにゃく蕎麦なり~
ひとつひとつの料理に、運んでくださる方が丁寧に解説してくださるのでより深く味わえるし、もちろんおいしいし、旅行中のインパクトはここが一番でした。
ホントにカルチャーショック、こんにゃくの概念を覆されますよ~。
ただ、めっちゃくちゃおいしいし、食べてる途中はこんにゃくづくしって感じしないのに、食後の感触はやはり「こんにゃく食った!」って感じでした
私たちの隣に座った方は一番高いコース(4200円)を注文されてたのですが、こんにゃく寿司なるものが運ばれてきてました。
「トロみたいな食感」との解説が聞こえてきて、ちょっと食べてみたかったなー。
ここは食堂だけじゃなくていろんなこんにゃく料理をたくさん売っているので、お土産も買えちゃいます
私達が行った時は土曜日で団体さん達がいらっしゃったのもあってものすごい大盛況でした
お腹いっぱいになって向かうは蔵王。
お釜を見に行きます。
お釜についてはこちら
このリンクから一部引用させていただくと、
『蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖で、釜状なのでお釜という名前がついています。湖面はエメラルドグリーンの水をたたえ、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気をもち、冬の樹氷とともに蔵王の象徴となっています。』
天気微妙で見られるかなーと心配して行ったら、見られたことは見られたけど、目にした直後に!雨が降って来て即撤収。
山の天気は変わりやすいのです。
お釜

かろうじて撮れた写真。
天気がいいともっと緑がキレイらしいけど、これでも充分神秘的で素敵ね。
ここには、蔵王限定ということでお釜に入ったキティちゃんが売ってました。
あとはだだちゃ豆キティとか、仙台との県境に近いので牛タンキティとか。
その後は蔵王温泉の源七の湯という温泉へ。露天風呂もあります。
私、結構飼い主のお友達とお風呂に入ってるんですよね。
もちろん女の人とだけですよ・・・って思ったら飼い主のお友達さんご夫婦と混浴に入ったこともあった!!!
旧ブログからその時の記事見つけてきました、こちら
温泉であったまった後はもうひとつ別の温泉へ。
といっても入りに行くためではありません。
人が歩く通路沿いに男風呂がある温泉があるとのことで、私の趣味好奇心で連れて行ってもらいました。
階段降りて行くんですけど、私は途中までしか降りて行かなかったので遠くから見ただけだったけど(他の二人は上で待ってた)、確かにこりゃ丸見え。
まぁ見えなかったけど・・・(何がだよ)
視姦社会見学が終わったところで山形旅も終わり、バスセンターまで連れて行っていただき仙台へ向かう。
ゆきさんありがとうございました、愛してます
17時40分発、18時40分仙台着。
これから2泊お世話になる一家が迎えにきてくださいました。
物静かで優しそうなだんなさんと、飼い主のお友達、とってもカッコイイ奥さんのまなさん(仮名)、そしてスティッチのイトコ・625に似てるめっちゃカワイイ1歳9ヵ月のお子さん。
そのまま韓国料理屋の百済へ。
ここは写真を撮り忘れてしまった
豚キムチやたくさんのお肉、ビビンバなどなどたーくさん食べまくり。
お昼のこんにゃくでお腹いっぱいになったので、夜に韓国料理が入るか心配してたけどまったくの杞憂でした
ここのお店はリーズナブルなのにすっごくおいしかったです
まったり過ごした1日目とは打って変わって盛りだくさんだった1日が終わり、3泊4日の旅行は明日から後半戦!
続く
スポンサーサイト
【2006/07/23 19:28 】 | 旅行記 | コメント(2) |
<<荷造り(夜逃げじゃないよ) | ホーム | 山形仙台旅行一日目・イタリア~ン マッタリア~ン>>
コメント

お久しぶりです。
以前山形に行ったときに蔵王お釜に行きました。
でも悪天候で何も見えず…。
真っ白でした…。
こんなのが見られるのですね。
羨ましい…。
【2006/07/23 20:24】| URL | こまものやJUN #-[ 編集] |
こまものやJUNさんへ☆
私達が行った時も曇り&すぐに雨が降りだしたので、見れたのはほんの一瞬なんですよー。
いつか太陽が出てる時にもう一度行ってみたい・・・
こんな神秘的なものが自然に出来たのがとっても不思議だなーと思いました。
とはいえ、私今日この記事書くために「蔵王 お釜」でググってみて初めてこれが火山から出来たことを知りました(爆)
【2006/07/23 21:31】| URL | ぷっく姫 #NNZ72WTo[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。