スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
8月新潟旅その5・またまた大地の芸術祭に行ったアルよ
8月11日(金)

旅行3日目。
今日はちょっと早く起きて長岡へ向かいます。
またまた大地の芸術祭を見に行きます。前回見逃したのも多いからね。
大地の芸術祭についてはこの記事で詳しく書きました

7時45分出発して10時には十日町到着。
飼い主が前回一番楽しみにしてた田んぼの土を使った家、その時は来たらまだ建設中で見られなかったんです。
今回もまだできてなかったらどうしよう~と心配してたけど無事完成してました


20060816145100.jpg

↑田畑の土からできています。

20060816145016.jpg


20060816144958.jpg


20060816145042.jpg

20060816145028.jpg


飼い主はこの作品に激しく感銘を受けて、写真を何十枚も撮りまくる。
飼い主は土の家に夢中で私の存在完全無視。無理矢理写真に入ろうとすると「ぷっくジャマ」と言ってくる始末。
最初は私もフザけて
「写真写真土が8割ぷっくは2割
なんて歌ってたんですけど、あまりにも土の家の写真を撮りすぎるので
「写真写真土が9割ぷっくは1割
と叫んでも聞こえない飼い主。
確かにその壮大な作品はホントにすごかったです。
すごく暑い日だったけど、この建物の日かげに入るとスーッと涼しくて心地いいし。

これを作った芸術家は古郡弘さんという方で、飼い主は前回もこの人の作品が一番気に入ったらしい。

ひとしきりもふたしきりも写真を撮り、それでも立ち去るのが名残惜しそうな飼い主。
建物出るとちょうど地元のおばあちゃんに挨拶され、そこで立ち話。
こうして見知らぬ私達に気軽に話しかけてくれて会話もすることができてものすごく嬉しかったです。
う~ん地元の方との触れ合いっていいね

おばあちゃんと一緒に写真も撮り、素敵な思い出ができました。

その後キナーレで情報収集、昼食は何食べようか迷ったけど結局クロス10というところで小嶋屋そば。

20060816145420.jpg



前回も小嶋屋そば食べたけど、ここは名前は一緒でものれん分けしたとかなんとかで別のお店。
その後ここに飾られてた芸術祭ログ写真を見てからまた作品を見に向かう。
「こころの花」という作品、軽い山道を登ったところにあり、暑さもあってキツい
ヘロヘロになって「見なくていいよ~降りよ~~」と飼い主に訴えるも無視
だけどここは私の中で1、2を争うお気に入り作品になったので見てよかった。
20060816145118.jpg

これ、一本一本針金で作ったのを差してるんですよ~。

20060816145139.jpg

こーんな広範囲に渡って。

20060816145152.jpg

ひとつひとつ作るのも差すのも全部手作業、気が遠くなりそう・・・
でもその分とーーーっても美しかったです。苦労して山を上がってきた分、感動もひとしお。


この後もたくさんの芸術作品を見て回りました。大自然の中にポーンとあるから、回るのは大変だけど鑑賞自体は無料で触ることもできる。

20060816145202.jpg

↑当然、これと同じポーズ同じ顔(←?)で一緒に写真を取りましたさ。

20060816145213.jpg


20060816145344.jpg

↑森の図書館。【芸術】という言葉の解釈が広いのもこの大地の芸術祭の魅力。


20060816145354.jpg

↑写真で見てもすげー迫力・・・


たくさんの芸術作品見て頭を使って(ないけど)、その後は本物の大自然を見に行こう!と向かったのはひまわり畑
ここも7月に見に来る予定だったけどまだ咲いてなかったの
でも今回は満開全開!
ジャジャーン




20060816144934.jpg

・・・あ違った、これはお店で買ったお菓子だった。おいしかった。

改めて本物をジャジャーン

20060816144943.jpg


花びらのように散りゆく中で~(by映画版いまあい)

20060816144921.jpg

ザ・サンフラワー!!!

ちなみに、飼い主が
「ひまわりなのに太陽の方を向いて咲いてないね、でもみーんな同じ方向で咲いてる」
と言ったので
「知らなかったの?確かに太陽は関係あるけど、太陽の方を向くんじゃなくて太陽と逆側を向くんだよ、だって太陽が当たってる方が茎が早く伸びるでしょ」と知ったかぶりを吹聴して飼い主を珍しく関心させてみせる。
・・・でも今気になったのでネットで調べてみると・・・


ひまわりの向日性
 
 アメリカ原産の花ヒマワリがヨーロッパに渡ったころ、この花は太陽の動く方向へ向きを変える不思議な花だと紹介されました。ヒマワリはスペイン語やフランス語では「太陽について回る花」と呼ばれています。花を咲かせる前のヒマワリの先端の部分を観察すると、ゆっくりと太陽光の来る方向へと向きを変えていきます。このダンスのような動きは茎が成長する際に、太陽に当たっていない側の茎が、先に延びていく事で成り立っています。このような植物の反応を「向日性」といいます。花を咲かせる頃のヒマワリは茎の成長が止まっているのでもう回りません。そのかわり、大きなヒマワリ畑では、いっせいに東を向いて咲いているヒマワリを見ることが出来ます。



・・・・・・・・・・・・


飼い主に大嘘教えてたーーーーーー(・∇・)

えーっと誰か私をかくまってください・・・



ま、それはいいとして(逃)広ーいひまわり畑の中を歩いて大満足し、ひまわり畑を出てまた少し芸術作品を見てから『日帰り温泉龍神の館』へ向かう。
定宿のホテルはビジネスホテルだからお風呂は狭いんです。

ここの温泉は内風呂と露天風呂がつながっていて、開いた窓でつながってるので湯船につかりながら外へ移動できました。こういう温泉、私は初めて。珍しいですよね?

汗流してサッパリ、また芸術作品見てホテルへ戻る。
300種類以上あるから、たくさんたくさん見たけどそれでもまだ見てない作品の方が多いと思います。

18時45分ホテル着、休む間もなく準備して30分後にはまたホテル出る。
今夜は万代シルバーホテルの柳江苑で飼い主のお友達と飼い主の大学時代の先生と3人で飲茶バイキングディナー!

柳江苑のHPはこちら

中華料理がなんでも食べ放題で、もんんんんんんのすごーくおいしかった
でも・・・でも、バイキングと言っても自分で取りに行く方式じゃなくて注文する形で、それで頼んでから出てくるまでがすごく遅いの。。。そんなに込んでなかったんだけどな・・・
時間制限あるバイキングだし、お腹いっぱいになる前に満腹中枢が中途半端に刺激されてなんか「がっつり食ったー!」って気持ちになれなかったのが残念。
味は最高だった分、なんかちょっと複雑でした。っていうか私が食い意地張ってるだけだし、一度に注文たくさんすれば無問題でアルよ

-----

無線LANの図書館(※今日書いた8月新潟旅その3記事参照)はとっても快適だし、ホットスポットはすいてるから旅行記全部書き上げてしまいたいんですけど、さっきからお腹鳴りまくってめっちゃ恥ずかしいんで旅行記最終日は来週書きます
最終日はそんなにネタもないので他の記事もなんか同時にアップしようかなと思ってます
スポンサーサイト
【2006/08/25 17:20 】 | 旅行記 | コメント(0) |
<<エクセル開始記念日 | ホーム | 8月新潟旅その4・日本海夕日コンサート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。